亀の甲羅みたいなシイタケ

ゴールデンウィーク前半は日高方面で牧場を営んでいる友達の実家へ堆肥をもらいに遊びに行ってきました。
町内に信号いくつあったか数えるのに片手で足りちゃうくらいの、とても小さい長閑な町なのですが、お父さんもお母さんもとても暖かい方たちで、本当に大好きすぎて…。たまに友達が帰省していないときにひょっこり顔を出してはずーずーしくお邪魔してくることもあります。

友達の実家のすぐ近くに、一見何屋さんかわからないお店があってずーっと気になっていたのですが、今回やっと立ち寄ることができました。(いつも帰りに寄ろうと思ったら既に閉まっていたので)
元パチンコ屋さんなのかな??と勝手ながら思っているのですが、
ちょっと暗くてがらーんとした天井の高い建物のなかに、野菜やら山菜やら色々おいてありました。

そのお店で見つけたのが原木の生シイタケ。
亀の甲羅みたいになっているのは初めて見ました。大きくて肉厚で美味しそう…。
他のしいたけよりも少しお値段はしますが、きっとおいしいはず!と買って帰りました。
(確かこれで300円くらい)

 

グリルでただ焼いてお醤油を垂らしていただいたのですが、シイタケの味がしっかりと濃くて、触感はぶりんぶりん。
買って損のないシイタケでした。

他にも出始めのフキと青々した小ネギを購入。
お店にはこごみや行者ニンニクなどの山菜、レタスなどの葉物、土の下で冬を越したニンジンやダイコン、冷凍ケースには袋にごそっと入った鵡川町のシシャモなどが売っていました。
また今度行こう。
お店の名前は…なんとかトントンとんとんなんとか…。
忘れちゃった。
東側の外壁に落書きみたいに”シシャモ”とかいてあります。
セイコーマートの横です。

レジのお母さんもあたたかい感じがしてほっこり。

関連記事

インゲンの成長記録~北海道で家庭菜園2019

壮瞥町で今シーズンのいちご狩り中止の農園も

今シーズン最初に釣れた鮭はメンズでした

家庭菜園用ビニールハウスを組み立てた

芽キャベツの成長記録~北海道で家庭菜園2018

ホッキ採りに苫小牧 勇払方面へ ~ その3と4