北海道はもうすぐタケノコの時期です

北海道でたけのこが取れる時期はいつからいつまで?

北海道でいうタケノコといえばネマガリダケですが、
今年は暖かいから時期が早まるのでしょうか?
どうなんだろう??

今までドライブをして峠道を通過中に、ワンピースにサンダルみたいな恰好のまま道路脇2~3m位の位置にあるタケノコを夕飯に食べる分だけポキッと採って持ち帰るだけだったのですが、
去年はある程度保存する分も含めて採るために
主人と主人の会社の同僚の人と1回、「お母さんもいってみたい!」と若干興奮気味な母を連れて1回、それぞれ別の場所にタケノコ採りに行ってきたのでした。


スポンサーリンク

たけのこの探し方は??

初心者にしてはまずまずの太さのタケノコを見つけることができて取りあえず満足。
昔実家にいた頃には、ばーちゃんが友達と毎年取りに行っていて、茹でて皮剥いてちゃんと綺麗になったものを両親がもらってきていただくという、何ともラクしていただいていたのですが、自分で採りに行くと後処理の大変さが身にしみてわかります。
去年は父と母とキッチンに並んで黙々と皮剥きました。
つまみ食いしながら。
主人の実家に持っていった分もお義母さんが黙々と皮剥いてくれて、つまみ食いしながら手伝う程度でした。

北海道で言うたけのこは、このネマガリダケ。
竹藪でたけのこを探すように、ネマガリダケの竹藪のあるところにいくとネマガリダケのたけのこを探すことができます。

山菜採りは帰ってからの下処理が大変

が!今年は採れたら採れた分だけ自宅に持ち帰り、主人と2人黙々と作業しなければならない状況必至なので、覚悟しておこうと思います。
世間の山菜取りに行っている諸先輩方のように、大きなリュックサックを背負って日の出から藪のなかに潜り込むほどではないのですが、やはりそれなりに手はかかりますね。
時期が遅くなると虫の入り込んでいる確率がぐんと高くなります。
茹でて皮剥くために切れ目を入れた断面からボイルかぐや姫状態で出てくるのですが、何回遭遇してもゾワッとします(泣) そして、ゴメンよ…と申し訳ない気持ちになります。
虫が入っているということは、危険な農薬とか毒になるようなものがない証拠でもあるのですが…。
山菜採りにも行くし、家庭菜園も好きだし、魚釣りも川遊びも大好きだけど、虫はどちらかというと得意ではないのです。
仕方ない。


スポンサーリンク

たけのこを瓶詰めにして保存してみた

去年から主人と一緒の生活が始まったのですが、新生活に向けて少しでもと採ったタケノコは瓶詰にして保存してありました。
初めて作った瓶詰め。
先日開けてみたら、
水の濁り無し◎、腐った臭い無し◎
これは成功だ!と喜んだのも束の間、柔らかすぎてつまむと崩れてしまいました。

色々な人に作り方を聞いて、挑戦してみたタケノコの瓶詰め作り。
惜しい結果になってしまいました。
うちの大ベテラン、ばーちゃんに相談したところ、「煮すぎたんだわ!」と一蹴。
今年はできたらばーちゃんの分も採ってきて、皮むきついでに瓶詰めの作り方を伝授してもらおう。

さて、もう少し後にはなりますが、
カレンダーみてタケノコ取りにいく予定立てなきゃ~。
ひとりで行くには危ないから、主人か母を誘おうと思います。

>>> 黒松内へたけのこを採りに行った


スポンサーリンク

関連記事

ツブ貝のさばき方

北見市の大丸でほっちゃれを買った

亀の甲羅みたいなシイタケ

壮瞥町で今シーズンのいちご狩り中止の農園も

”たち”の美味しい季節

落葉きのこの時期が到来した