いただいたウドで酢味噌和えを作った

北海道で春にとれる山菜 ウド

ウドをいただきました。
今回は山育ちの野生のウドではないのですが、比較的山の方に住んでいる方の畑から。
採りたてのウド。

山菜は特に採れたてが一番おいしい。
香りがおちないうちに酢味噌和えを作ることにしました。


スポンサーリンク

ウドの酢味噌和えの作り方(細かいこと気にしない人向け)

ウドの皮をむいて
スライスします

ウドは根元の白い部分をいただくのが一般的ですが、
茎の緑の部分もある程度使ってしまおう。

 


本当は口当たりを考えて
短冊切りにするようですが、もう眠たいから(0:30)スライサーでスパスパいきました。

酢水にさらしてアク抜き。
結構アク出ますね。
数分で酢水がうっすら茶色く。

 

沸騰したお湯でさっと茹でます。
本当にさっと。

アク抜きして生のままいただく方もいるようなので30秒くらいでも十分だと思います。

たぶん。

 


お湯を切り
酢味噌とあえて
(目安  味噌大1・酢大1・みりん小1・砂糖小1.5)

できあがり。

 

 

春の訪れを感じる爽やかな香りの酢味噌和え


青々したウドの香りがふわっと広がります。
主人はウド好きじゃないはずだから、私ひとりで頂きます。春を実感しますね~。

あ、ちょっとだけどばーちゃんにお裾分けしようかな。
食べるかな??


スポンサーリンク

 

関連記事

家庭菜園用ビニールハウスを組み立てた

暑くなる季節にピッタリ!梅シロップの作り方

北海道に春の訪れを告げる行者ニンニク

リーキの成長記録~北海道で家庭菜園2018

ビニールハウスの中で輪作

きゅうりの粕漬けの準備をする