たけのこ採りに行ってきた②

今シーズン2回目のたけのこ採りへ

シーズン2度目のたけのこ採りへ行ってきました。
今回は午前中に別の用事があって、時間があまりない中の強行スケジュールでした。
真夜中に家を出発して、空が薄明るくなった頃目的地に到着。

今回はたけのこ採りのメッカ、黒松内。


スポンサーリンク

あたり一面にネマガリダケが群生する黒松内の山奥

黒松内のネマガリダケが群生している地域を車で走っていると、道路脇には「遭難したら本人かご家族に高額な捜索費用が請求されますよ」という看板があちこちに立っています。捜索費用っていくらかかるんだろう?
以前職場でそんな話題になった時に、捜査にあたる人たちの人件費やら昼食代やらその他諸々だけでもすごい金額らしいよって聞いたことがあるけれど、捜査の規模にもよるのでしょうかね?
毎年行方不明になる方の多いこの地域。
周りを見渡すと、どこをみても同じような景色なので迷うのも納得です。

時期が早かった。まだ雪が残っていました…。

山菜の生えている他の場所が例年より早くから賑わっているから、きっとここも早いだろうときてみたものの、どうやらまだ時期が早かったようです。
道路脇の少し奥にはまだ雪が残っていて、山菜採りの車もあまりとまっていない。
それでもせっかく来たのだからと、車から降りて主人と2人藪の中へ。

竹藪に入ってすぐの足場に少しだけたけのこが生えていましたが、奥へ進むほど雪がまだ残っている状況だったので、比較的車に近いところに生えていたのを数本とって諦めました。

帰り道にもう1か所立ち寄ってみた

8時半から昼頃まで用事をたした帰り道、ダメ元で他のたけのこスポットへ。

やっぱり昼過ぎだとせっかくのたけのこも伸びきっちゃっているし、やぶ蚊とかの虫も多い。
花粉のせいなのかくしゃみが止まらず、目が痒くて涙も止まらず、とりあえず前回の半分くらいの量のたけのこを確保できたの車へもどりました。

帰宅して家庭菜園の手入れをしている間に、主人がたけのこの下処理を全て済ませてくれました。疲れているのにありがとう。

前回試してとても美味しかったので、何本かは茹でずにとっておいて、生のまま天ぷらで。
やはり美味しい。
→採ったたけのこを天ぷらでいただく

時期の短い北海道のたけのこシーズン

今回もなかなか良いサイズのたけのこが採れました。母がすこぶる行きたがっていたので、もう少し後で両親を連れて再度黒松内方面へ行ってみようと思います。

どこらへんに行ってみようかな?
黒松内になるか、豊浦になるか、はたまた白老や登別方面になるのか。

本格的に山菜用のリュックサックを背負って山に挑むわけではないけれど、保存しておけるくらい採れたらいいな…。
目指せ、瓶詰め確保。


スポンサーリンク

関連記事

ナスと小ナスの成長記録~北海道で家庭菜園2019

タマネギの成長記録~北海道で家庭菜園2018

ホッキ採りに苫小牧 勇払方面へ ~ その3と4

犬連れ車中泊で函館方面にお出かけ

ホッキのさばき方

4日間の雨でビニールハウスの中がべちゃべちゃに