再・水でふくらむタネまき土ポット

水でふくらむタネまき土ポットで苗を育てる

リーキと小ネギのタネを蒔くのに、せっかくだから使おうと、以前購入していた『水でふくらむタネまき土ポット』を使いました。
大量にあまってたし。

前回一度使ってみたものの1つしか発芽せず、日数経っても目が出てこないので途中であきらめてしまったのですが、原因分からず。

もしかしてうちの窓は太陽の光をカットするのだろうか?
室内の温度では寒かったのだろうか?でもまだ暖房つけてたしな…と未だ謎なのですが、とりあえず家の中で発芽しなかったので、今回はビニールハウスの中で試してみることにしました。

水でふくらむまでの時間は30分くらいでした

まずは水につけてポットを膨らませます。

今回はカゴの中に入るだけ入れました。
沢山水をいれるとポットが浮きます。
せっかくきれいに並べたのに…。
前回はポットが膨らむまでに1時間くらいかかったので、ふくらむのを待つ間に洗濯して食器片付けて洗濯干して云々…でちょうどいいかな?と思っていたのですが、

30分後にはある程度まで膨らんでいました。
思ったより早かった。
洗濯機がまだ終わっていない。

なので、このまましばらく放置して最後まで膨らみきってもらいます。
モノによっては真っ直ぐじゃなくてちょっとななめに膨らんだりします。
残念だけど気にしない。

リーキと小ネギのタネを蒔いた

リーキ16 小ネギ8

リーキは2粒ずつ・小ネギは5粒ずつ埋め込みました。本当は土にスジ蒔きして苗を作るようですが、そんなに大量に作るわけじゃないし、種もたくさんあるからこのポットで試してみます。リーキは1本に間引く予定。小ネギは狭そうなら間引こうと思います。

ビニールハウスで発芽を待ちます

今回は日当たりがよくて暖かいビニールハウスで種を植えたポットを保管しようと思います。
前回家の中でまずまず日当たりのいい場所においておいたのですが…。ハウスの中なら問題ないでしょう!きっと。

そして植付適期になる前に、土に植えてしまうだろうワタシ。タネを畑に直播きして成長をくらべてみようかな?


スポンサーリンク

関連記事

芽キャベツの成長記録~北海道で家庭菜園2018

どちらが甘い!?サニーショコラと恵味を食べ比べてみた

輪作年限一覧

月越町のたけのこ園に行ってみた

みぶ菜の成長記録~北海道で家庭菜園2018

寿都町に寿牡蠣を買いに行った