野菜別メモ:ナスの育て方

ナスの育て方メモ

模範となる育て方とは違うかもしないけれど、自分なりの作業(予定)手順とか、育てる野菜の特徴についてのメモ。情報や手法が色々ありすぎてどれが正当なのか分からなくなりますが、とりあえずはこれで自分なりにやってみようと思います。
家庭菜園で野菜を育てている途中で何をしていいか分からなくならないように残してます。

実際の進捗状況はこちらから → ナスの成長記録~北海道で家庭菜園2018

【ナス:ナス科ナス族】


スポンサーリンク

ナスの苗を植える

苗は節間が良く詰まっていて茎が太く、葉が大きい丈夫そうなものを選ぶ。

畝幅  60~70cm
株間  50~60cm
連作  ナス科を植えた場所は5年以上あける
ナスの後作に適するモノ  エダマメ
ナスの後作に適さないモノ  トマト ピーマン ジャガイモ
苗の他に用意するもの  120cm程度の支柱
その他 水はけの悪い畑では高畝に
畝表面より少し高く土を盛る

北海道での定植時期や目安

  • ポットから畑に植え替える時期の目安
    本葉7~9枚でできれば一番花が咲き始めている頃
    5月下旬~6月中旬(気温20℃~)

ナスの苗の管理

水切れに注意する 植付け後の2~3週間と果実収穫期以降は多めに

1番花の下から出るわき枝2本を伸ばして主枝にし3本立てにする
それより下のわき芽は早いうちに除去
主枝の分岐以上のわき芽は伸ばして1果着果させ その先に1葉残して摘心
わき芽の果実収穫後はその下2葉残して摘除

支柱 植付時に仮支柱をたて 3本立てにする際に2本追加

浸透以降性殺虫剤2g/株を株元に散布

肥料 植付後から2~3週間に1回くらい 畝の肩部の土に混ぜて追肥

植付後1か月は着果しにくいためトマトトーンを使用する


スポンサーリンク

気をつける病気や害虫

ナスに多くみられる病気と対処

病気  対処方法
うどんこ病  病変部分切除 薬剤散布
青枯病  株ごと除去 土壌消毒
半身萎凋病  株ごと除去 土壌消毒
すずかび病  病変部分切除 薬剤散布
灰色かび病  病変部分切除 薬剤散布

ナスに多くみられる害虫

アブラムシ
サビダニ・ハダニ
オオタバコガ
アザミウマ

水分不足だとダニ類の被害が増える

家庭菜園でのナスの育て方手順

【作業予定のメモ】
土を起こして肥料を混ぜる
↓ 2~3週間おく
畝をたてる

苗を植えて仮支柱をたてる
↓ 2~3週間ごとに追肥
↓ 一番花の下のわき芽は随時除去
↓ 植付から1か月は特にトマトトーンを使用
3本立てにする・支柱を増やす
↓ 2~3週間ごとに追肥
収穫
↓ 2~3週間ごとに追肥
枝の切り戻しに挑戦


スポンサーリンク

関連記事

ホッキ採りに苫小牧 勇払方面へ ~ その3と4

ピーマンの成長記録~北海道で家庭菜園2019

再・水でふくらむタネまき土ポット

今シーズンラスト 黒松内へ

カブとたけのこの粕漬け

肥料はいつのタイミングでまくのか