黄化病が疑われるキュウリ

特徴的な黄化を示すキュウリの葉

前日からなんとなく気になっていたキュウリの苗が1株。
随分まだらに黄色くなっているので、何かの病気なんじゃないか??と心配していたのですが、調べてみると何やら怪しい雰囲気が…。

葉も茎も今のところ元気だし、ちょっともったいない気もするのですが、他の苗にうつったら大変なので根本の土ごと掘り出してみました。

葉脈を残して黄色く変色する

今回「あやしいな…」と思った理由が、葉の変色のしかた。葉の筋の部分(葉脈)をのこしてまだらに黄色くなっています。

「キュウリ 葉が黄色」的な検索をかけたところ、
”○○黄化病”というワードがちらほら出てきました。
どうやらウイルス性の病気のようで、株ごと除去しなければ他の苗にうつってしまう可能性がある模様。
治るものではなさそうなので、泣く泣く苗を掘り起こしたのでした。一番立派な苗だったのに…。
残念。


スポンサーリンク

原因はタバココナジラミによる伝搬と自然発生

退緑黄化病はタバココナジラミという虫がウイルスを伝搬すると言われているほか、キュウリ・メロン・スイカで自然発生が確認されているという報告があります。
葉の裏表、茎や植えていた土の周囲をみてもタバココナジラミらしい虫はいなかったので、今回は自然発生なのか?はたまた、購入前に病気になっていたのか?は分からず。

株ごと抜き取る!につきる。

ウイルス病なので他の苗にうつらないように、見つけ次第株ごと抜き取り薬剤散布で土を消毒(タバココナジラミの駆除?)しなければならないようなのですが、どんな薬が売っているかわからないのでホームセンターに行ってみようと思います。
とにかく、他の苗に黄色い変色が見られませんように…。
小さい虫うじゃうじゃしてませんように!


スポンサーリンク

関連記事

再・水でふくらむタネまき土ポット

白老町竹浦の海産物夕市に立ち寄ってみた

野菜の苗を買った

とりあえず畝だけ作った

漬物用のすぐりメロン

美味しい時期到来!壮瞥でいちご狩り