今シーズンラスト 黒松内へ

黒松内でたけのこが取れる時期もたぶんもう少しで終わり

黒松内町月越のたけのこ園。
今年は5月30日~6月10日の開園予定と発表されていたので、今年はきっとそのあたりまでが黒松内のたけのこシーズンなのでしょう。
たけのこがなくなるというよりは、のびちゃって食べても美味しいたけのこじゃなくなったり、虫食いが多くなったりするんだろうな。


スポンサーリンク

深夜出発で朝3時半ころ黒松内の山へ到着

まだ藪の色が緑には見えないけれど、うっすら明るくなってきた頃に黒松内の山へイン。
さすがに3時半だと、まだそれほど人が多くない…というか、道中まだ山菜採りらしき車は1~2台しか見かけませんでした。
20分ほど車で待機すると空がどんどん明るく。
4時前にはたけのこ採りスタート。
さすがにこの時間だと虫も少なく、だから皆さん朝早いのかと今更納得。

場所によるけれど前回より多かった気がする

前回両親と来た時よりも沢山見つけられた気がします。
なんとまだ雪の残っている場所があって(驚)、その近辺はまだ枯葉が多くてたけのこもあまりなかったのですが、日当たりがよくて地面に緑が出始めているところには、ちょこちょこたけのこが顔を出していました。
主人は黒松内でのたけのこ採りはほぼ初めてだったのですが(前回まだ早すぎて他の場所に移動した)、太くて立派だね~と一緒に頑張って藪に潜ってくれました。


スポンサーリンク

月越のたけのこ園

そして、うちの両親の話。
先週、母にとっては人生2度目のたけのこ採り、父にとってはたぶん20年以上行ってないんじゃないかというたけのこ採りに、親子3人で黒松内に行ったたのですが、前日に電話があって、私は仕事なので行けないよと伝えたところ、夫婦2人でたけのこ採りに出かけたようです。

2人だ楽しめることが増えたなら娘としては嬉しい限り。
車が道路脇に止められず月越のたけのこ園に行ったそうなのですが、前回の倍は採れたと喜んでいました。料金はひとり1000円。充分もとは取れた様子。
藪の両端に道があるので、ひたすら進んでいけば反対側の道にでるらしく、遭難しないための安心料だと思えば決して高くないんじゃないかと思います。

前回より沢山採れたけど虫食いが増えていた

今回も天気が良くて早い時間に帰ってきたので、帰ってすぐシャワーに入り、一眠りしてから犬たちと庭に出ながら皮むき。
3匹中2匹はなんとかたけのこを食べられないかと、目をはなすとたけのこ風味の水やら向いた後の皮やらぺろぺろしていましたが、何とか取られずに済みました。
もう1匹はあまり興味がないみたいです。

量的には今シーズンで一番採ってきたのですが、小さな虫食いが随分と増えたよう感じます。中に入っている虫が本当に小さくて、パッと見えるは見えるんですが、これからたけのこの中で成長してずんぐりしていくんだろうなという感じの虫食いが。
10本以上は捨てました。がっかりしちゃう…。

これからの時期はニセコや中山峠でたけのこ採り

黒松内でたけのこの時期が終わるころ、
皆様次はニセコや中山峠の方まで足を運んでいるようです。
我が家はこれから週末に出かける予定があったり休みが合わなかったり、魚釣りやらなんやらで休みを使うことが多くなるので、主人と2人でたけのこ採りに行くのは、きっと今回で今シーズンのたけのこ採りは終了。
母がまだ行きたそうにしていたので日程が合えばとは思いますが、とりあえず今回採ってきた分のたけのこは瓶詰にして保存しようと思います。
寒い時期に美味しく食べられるようにヒトテマ。


スポンサーリンク

 

関連記事

タマネギの成長記録~北海道で家庭菜園2018

野菜別メモ:キュウリの育て方

野菜別メモ:ミニトマトの育て方

スナップエンドウの成長記録~北海道で家庭菜園2018

どちらが甘い!?サニーショコラと恵味を食べ比べてみた

行者ニンニクのしょうゆ漬けを作る