美味しい時期到来!壮瞥でいちご狩り

多種多様な果物狩りが楽しめる壮瞥町

いちご狩りに始まり、さくらんぼ狩り ぶどう狩り
プルーン狩り りんご狩りなどシーズンいっぱい楽しめる壮瞥

洞爺湖にほど近い壮瞥町。
言わずと知れた果物の街です。
いちご狩りに始まり→さくらんぼ狩り→プルーン狩り→ぶどう狩り→りんご狩りとシーズン丸ごと色々な美味しい果物を食べることができます。
果樹園さんによっては桃狩りや梨狩りも。
果樹園さんも年中大忙し。収穫期以外も連日作業に追われているようです。


スポンサーリンク

道の駅 そうべつ情報館 i

壮瞥近郊の農産物や加工品がならぶ「そうべつ情報館 i 」

この時期は葉物野菜が多くありました。
もう少ししたらいちごやさくらんぼが並ぶはず。秋にここで買ったプラムとプルーンは大きくて甘くて絶品でした。
今年も絶対買いに来よう。

隣接してちょっとした遊具のある広場があります。犬たちつれて少しだけ散歩。
山に囲まれた長閑な場所なので、晴れた日は最高に気持ちいいです。
小さい子ちゃんたちが遊んでいたので、ボクたちココでパチリ。
建物はもちろん、トイレも綺麗。(コレ大事)
>>> 道の駅「そうべつ情報館 i 」

いちご狩りへ!農園によってはハウス栽培も

今シーズンは今日からいちご狩りスタート

特にどの果樹園に行こうか決めて行ったわけではないのですが、たまたま先に覗いた果樹園さんでは、いちごが小さいとかあまりないかもとか前にいたご家族に説明していたため、ほかの果樹園さんにも聞いてみようと、次に覗いたのがこちらの「たかしな園」さん。
一件目の果樹園さんはバスも停まっていたから、もしかしたら観光向けなのかも?

「たかしな園」さん、今シーズンは本日スタートで、確かにパッと見はそれほど沢山苺がなっているように見えなかったのですが、しゃがむと赤い実があちこちに。
これから赤くなるだろう小さな青い実や白い花も沢山ついていました。
採りたてのいちご。甘くておいしい~。

とても美味しかったのですが、いちご狩りは足腰にコタエル。大人になった証拠なのでしょうか…。なんかショック。立ったりしゃがんだりが随分しんどい。
お腹いっぱいになって、立ったりしゃがんだりが尚更しんどくなり、しまいにはしゃがみっぱなしで主人が採ってきてくれたいちごをひたすら食べるという横着ぶり。
でも美味しかった。

壮瞥でのいちご狩りの時期はいつからいつまで?

壮瞥でのいちご狩りは6月上旬~7月上旬。

今回行ったたかしな園さんは、まだビニールハウス1つだけしかあけてないです~とのことだったので、これからまだまだ楽しめそうです。
いちごの出始めは数が確保できないからなのか、持ち帰りには対応していないところが多いようです。

マナーを守って美味しく楽しくいちご狩りを楽しむ

果樹園さんが手塩にかけて育てた美味しいいちご。いちご狩りを楽しむうえでの決まり事もあります。
・こどもちゃんを走らせない
・隠して持ち帰らない
・畝をまたいで移動しない
・はさみでヘタの上を切って収穫
・食べた後のヘタは指定された袋に捨てる

今回訪れた「たかしな園」さんも、最初にスタッフの方が案内しながら説明してくださいました。通路に敷いてあるマルチも綺麗に掃除されていて、とても気持ちがいいです。
マナーを守っていちご狩りを楽しみましょう。


スポンサーリンク

関連記事

たけのこ採りに行ってきた

作り方が簡単で美味しかったので今年も梅シロップを作る

苫小牧方面 勇払にホッキ狩りに行った

エダマメの成長記録~北海道で家庭菜園2018

エダマメの成長記録~北海道で家庭菜園2019

鮭を美味しく保存するために夜中に頑張った話