今シーズン2回目 苫小牧・勇払方面にホッキ狩りに行った

苫小牧方面の勇払までホッキをとりに

今シーズン2回目。
主人と一緒にホッキをとりに行ってきました。(主人は何回目か分かりませんが)
今回は私も海へ。海の日になっても水が冷たい。今年は雨ばかりで寒い日が続いていて、なかなか夏らしい夏が来ないですね。
道南地方なんでこんなに天気悪いんでしょう。
やっと25度くらいまで上がる予報だったので、もっと水温あがってると思ってました。

2018年他の日のホッキ狩りの記録↓↓
> 今シーズン1回目 苫小牧方面 勇払にホッキ狩りに行った
> 今シーズン3回目&4回目 ホッキ採りに苫小牧 勇払方面へ ~ その3と4


スポンサーリンク

ウエットスーツがほしい

主人と去年初めて行ったホッキとり。
海には何度か一緒にいったものの、着替えを持っていなかったり、寒かったりで待ちぼうけていることが多かったのですが、今回は私も挑戦しました。
私はウエットスーツを持っていないので、スポーツ用のインナータイツにビーチ用の短パン、長袖のヒートテック(水の中だと意味ないけど)とTシャツで海に。
どんどん進んでいく主人に対し、冷たくてなかなか前に進めない私。潮が引くたびにちびちび前進し、なんとか主人のいるあたりまで行ったものの、背丈が違うので立ってるのがやっと。
潜ってとってはいけないため、やはり背の高い人の方が有利な感じがします。
ホッキ狩りの色々な決まりはこちらの記事から
>> 苫小牧方面 勇払にホッキ狩りに行った

足で海底をぐりぐり掘ってホッキを探すのですが、潮に流されたり波で体がふわふわ浮いたりして、なかなかチカラが入りません。

私は肩上まで海に使っていて足が先の方しか地面についていなかったので(主人の近くに行くと伸張さでこうなる)、思うように海底を掘れませんでした。
たぶん胸くらいまでの深さで頑張った方がちゃんと掘れるんだと気付いたころには、普段から冷え性の私の足は冷え切ってしまい、尚更踏ん張れない状態でした。

まだ海にいたい
→うまくちから入らない
→でもまだ遊びたい
→体疲れた
…と葛藤を繰り返すうちにカラダが冷えて漫画のように歯がカチカチしてきたので、大きなホッキひとつと、大きなアサリをひとつゲットして先に陸に上がりました。
昼近くなり暑くなってきたので、着替えて日光浴。
ウエットスーツがほしい。

> ウエットスーツを購入した


スポンサーリンク

まずは新鮮なうちに刺身でいただく

今回も水鉄砲並みに水を飛ばしてキッチンの床をべちゃべちゃにしてくれたホッキ。
活きがいい証拠です。(ついさっきまで海の中にいたので当たり前だけど)
今回は前回よりも大きいのが沢山。
主人が貝類をさばくのも年々手際よくなっています。ほんと助かる。
今回も超絶活ホッキを刺身でいただきました。
残りホッキカレーに。

> ホッキのさばき方~採りたてのホッキ貝をお刺身でいただく

新鮮で肉厚なホッキ。
近場でこんな美味しいものが色々とれるなんて贅沢ですね。
生活するのに買い物も困らないし、
あとは天候さえよければ文句ないのにな~と日々思います。

関連記事

いただいたウドで酢味噌和えを作った

犬連れ車中泊で函館方面にお出かけ

島牧村でホッケを釣ってきた

野菜別メモ:ピーマンの育て方

みぶ菜の成長記録~北海道で家庭菜園2018

鮭を美味しく保存するために夜中に頑張った話