ミニトマトの成長記録~北海道で家庭菜園2018

2坪用の家庭菜園用ビニールハウスで野菜を育てた記録。
野菜の種類別の記録のメモです。
書籍やインターネットで色々な方法が紹介されていて、どれが正解なのかはわかりませんが、諸先輩方に教えていただいた知恵も取り入れながら、自分なりにまとめた方法で挑戦してみたいと思います。
→ 野菜別メモ:ミニトマトの育て方

随時追記していきます。
(2018.08.20更新)

ミニトマトを育てた作業&成長記録

苗を植える

5月13日
ハウスに苗を植えました。

[植えた種類]

・アイコ(赤)
・トマトベリー(赤)
・イエローアイコ×2(黄)
・マウロの地中海トマト プチボンバイオレット(紫)
・マウロの地中海トマト プチボンカナリア(オレンジ)
・マウロの地中海トマト カプリエメラルド(緑)
[用意したもの]
・支柱200cm 8本(だったはず)

株間は斜めにやっと35~40cm程度。何とか確保しました。
苗を購入してから定植までに1週間くらい時間があいて伸びてきてしまった脇芽はほとんど摘んでありますが、バイオレットだったかどれだったか1~2株は摘むにはちょっと大きくなりすぎた脇芽が出現していたので2本立て状態になってます。


スポンサーリンク

ミニトマトの花が咲いていた

5月20日
パッと見て一番手前のイエローアイコ以外はそんなに背丈が伸びたように思っていなかったのですが、こうして写真を比べると着々と大きくなっていますね。
今回の休みもバタバタと忙しく過ごして終わってしまい、じっくり観察できていなかったのですが、チームミニトマトすべての苗で花をつけていました。少し葉が黄色がかってしまったのは水不足でしょうか…。

理想の距離を見たことがないからそう思うのかもしれませんが、今のところ株間がキツキツな印象はありません。
プチボンカナリヤ(オレンジ)の脇芽が気付けば立派になっていました。
2本立てどころか3本立て状態ですが、これ以上大きく伸びる脇芽が出ないように管理しようと思います。
あ、トマトトーン買わなきゃ!

トマトトーンを噴霧
茶色い斑点付きで葉が黄色くなっている苗がある…気がする

5月26日
すくすく育っているミニトマトの苗。
なのですが、プチボンカナリヤ(オレンジ)の葉の色が不自然に黄色くなってる気がする…。

変な病気じゃなきゃいいけどどうなんだろう??水不足でこんなふうになるようには思えない。

黄色っぽく変色した葉に茶色っぽい斑点(に見える)。
特にひどい葉を摘んで様子を見ようと思います。
苗の葉勢自体は悪くないので、これでなんでもなきゃいいんだけど、ウイルスの病気だったらいやだな~と。
とりあえず変色している葉を摘んで、このようにすっきりしました。まずは数日様子を見て、おかしいなと思ったら残念だけど早めに抜いてしまおうと思います。

この苗だけ他のミニトマトの苗に比べて、最初からやたらとわき芽がどんどん伸びてしまって、葉が込み合ってしまっていたので、丁度いい感じにはなりました。
本日トマトトーンをシュッシュ済み。

ミニトマトの苗に小さな実がついた
黄色く変色していたカナリヤの苗も元気に

6月4日
すごい勢いで苗が育っています。

よく見るとところどころ花のあとに小さな実をつけています。
わき芽が伸びてしまって切るに切れないわき芽のためにせめてもの支柱を追加しました。
プチボンカナリヤとトマトベリーだったかな?
すんごい頼もしい太さのわき芽が成長してます。

先日怪しく葉が変色していた、疑惑のプチボンカナリヤ(オレンジ)。
ダメ元で斑点付きの葉を除去して様子を見ていたのですが、特に他の部分が変色することもなく、元気良く育っています。葉勢もこのとおり。

今後もしばらくは注意深く変化がないか観察しようと思います。なんだったんだろう???
今では一番花の数も多くてエース的な貫禄すらでているプチボンカナリヤ。

どんどん実がついています

6月10日
どんどん花が咲いて、どんどん実をつけています。まだ青い実だけで色づいているものは見られませんが、順調に実をつけているのでよかった。何日か見ないうちにわき芽が随分伸びてしまうので、週末には必ず念入りにわき芽チェックしています。
そういえば、カプリエメラルド(緑)ってどのタイミングで収穫するんだろう?

実がしっかりとして数も増えてきた

6月17日

みるみる大きくなっていくミニトマト軍団の背丈。
ほとんど週1~2しかゆっくりハウス内を見る時間がないため、毎回わき芽との戦いです。気を抜くと素知らぬ顔して主枝ぶってたりします。
まだ色づいてはいませんが、実がだいぶしっかりした大きさになってきました。
カタチもそれぞれの形が分かるようになってきて、見ていて嬉しくなります。


ミニトマトはこれまでもプランターで何度か育てた経験があります。
ビニールハウスでの栽培だからなのか、今までが無知すぎたのか、今回は随分立派な実をつけているように感じます。
だいぶ実が増えてきたので肥料切れと水のやりすぎに注意しなきゃ。

まだ色付いてはいないけれど
茎も太く葉も大きくいい感じ

6月25日
支柱の一番上まではまだ距離がありますが、太く長く立派に成長中のミニトマトの苗。
相変わらず、少し見ないとわき芽が成長して主枝ぶってたりします。
正直、予定外に枝数は多くなっています。
あれ?こんな枝あったっけ??と思ったら、わき芽を見逃していた…とかそんな感じです。
特に真ん中あたりに植えているマウロシリーズは見逃したわき芽が多い。

 
沢山実を付けているので、もうそろそろマメに肥料をあげなければ。
もう少ししたら水も控えめにしようと思います。
今週は雨が続くようなので放置しておこう。

トマトベリーとイエローアイコが色づいてきた

7月2日
 
トマトベリー2つとイエローアイコが1つ色づいてきました。
晴れたら一斉に色付き始めるかな?
最近は蝦夷梅雨ともいわれる雨続きでお日様が全然でてません。
マウロシリーズ(紫・オレンジ・緑)は今のところ実が小さいです。
後から成長してくれたらいいのですが…。
実の成長を願って追肥しました。
全体像はこんな感じです。
もう少しで支柱のてっぺんに届きそうなのが数本。まだまだ伸ばしたい気もするけれど、さすがに支柱より大きくはみ出して伸びちゃうと収集つかなそうだから、もう少し伸びたら摘心予定です。
どれも青い実が沢山ついているので、収穫が楽しみ。

 

天井に到達

7月9日
連日の雨と湿度で一気に伸びたハウス内の野菜たち。ミニトマトも例外ではありません。
ちょっと目を離した隙に天井まで到達。摘心しなければ…。
朝覗いて時間がなかったので近日中に摘心して縦方向の成長をストップしようと思います。
上の方にも花がしっかり咲いてきていて、これから上の方も実がなってくるのかな?と思うとニヤニヤしてしまいます。

イエローアイコをはじめ、どんどん急ピッチで色付き始めました。
最初に色づいていたトマトベリーとイエローアイコはまだ収穫していません。
いい加減に収穫しないと割れたりダメになったりしたらもったいないので、今日の帰りか明日にでも収穫しよう。
長らく雨降りだったので水やりもストップで放置しています。

収穫スタート!
緑色のミニトマト カプリエメラルドはいつ収穫するのか?

7月15日
少しずつ家庭菜園で採れたミニトマトが食卓に並ぶようになりました。
最近は1週間のうち1日くらいしか晴れず、日の光をたいした浴びていないわりにはまずまずの甘さ。マウロシリーズのプチボンカナリヤ(オレンジ)とプチボンバイオレット(紫)は随分小玉ではありますが、酸味が少なく皮が薄い。トマトがあまり得意でない人でも食べられそうなミニトマトです。

アイコ、イエローアイコ、トマトベリーは肉厚で私の好きな感じに。最後まで西陽が当たる位置にあるイエローアイコはとても甘いです。
収穫していいのかわからず困っているのが緑色のカプリエメラルド。
マウロシリーズのミニトマトなので、カナリヤとかバイオレットとそんなに生育差はないと思うのですが、なんせ緑色なのでいつ収穫していいものかわかりません…。
家庭菜園の先輩が、少し透き通った感じになると言っていたので、もう少し様子を見てから収穫しようと思います。

ちょこちょこ収穫できています
カプリエメラルド収穫の目安は少し透き通った感じになったら

7月22日
前から持っていた疑問…
カプリエメラルド(緑色のミニトマト)はどのタイミングで収穫したいいの???
という質問を家庭菜園の先輩にぶつけてみたら、「若干透き通った感じの緑に変わるよ~」と教えてくださったので、よくよくみてみると若干他のよりクリアな緑色のミニトマトが。
採って食べてみたらばっちり甘くなっていました。
酸味が少なくてさっぱりしていて食べやすいカプリエメラルド。いくつか実がなっているのですが、他はまだちょっと白っぽい感じの緑色なので収穫まち。

 
特に実が大きく肉厚で立派に育っているのはトマトベリーとイエローアイコ。
実のなりも良く、まずまずの収穫が続いています。
今朝の主人のお弁当の隙間を埋めるのに活躍。
ほしいときに採ってこれるのって助かりますね!

収穫のスピードは変わらず
プチボンバイオレット(紫)が枯れてしまった

7月29日
摘心したはずが他の枝が伸びたのか、またまた天井にくっつくまで伸びたりしているミニトマトですが、天気が悪いせいなのか一斉に色付くことはなく、数日おきに何個かずつの収穫が続いています。
一部葉が枯れてきたところもあるのですが、あまりしっかり時間を取ってみることができていません。
ちらっと見た感じ、プチボンバイオレット(紫)の主枝が枯れてしまっていたような…。
日当たりとか、苗の密集具合とか色々あると思うのですが、今回マウロシリーズの実が大きくなりませんでした。
特にプチボンカナリヤ(オレンジ)は直径1.2~1.3mm位の小粒ちゃんオンリー。

まだまだ下の方のミニトマトしか色付いていないので、今後天気が続けばもう少し上の方のミニトマトも色づいてくるかな?と楽しみにしています。
もうそろそろ肥料足さなきゃ。
びょ~んと飛び出ている枝何とかしなきゃ…と思いながら手が回らず。

一部葉が枯れて黄色いミニトマト

8月5日
やはりプチボンバイオレットが茎から枯れてしまい、根元から切って撤去しました。
もう少し上の方になる実はサイズアップするかな?と期待しながら小さいのしか収穫できなかったから残念。
他のミニトマトも下の方の葉が枯れていたりしますが、葉勢は悪くありません。上部は摘心しきれていなかった枝が次々に伸びてキリがない状態で都度摘心しています。
ただ、見逃していたわき芽がハウスの壁側からぐる~っと伸びてハウスの角の方で渦を巻いていたりして、自分が苗を植えた時に予定していた状態よりもぐちゃぐちゃに。
通路が狭いので尚更見逃すし、手入れがしにくい。

やっぱり2坪じゃなくて3坪用のハウスが欲しかったな~というと主人に「2坪で充分でしょ!」と言われます 苦笑
個人的には倍くらいの広さで色々作りたかったのですが~。

とり損ねていたカプリエメラルドを一気に収穫した

8月13日
よく見なければ収穫時の分かりにくいカプリエメラルド。じっくり見る時間がなく収穫し損ねていた実を一気に収穫しました。
やはり収穫時期になると透き通った感じの緑色になります。大きさもまずまずだし、さっぱりした甘さが美味しいです。
主人は食べるのに抵抗があるようですが(緑なので)、私は好きです。バイオレッド(紫)のミニトマトの方が最初に食べるとき勇気が必要だった気がします。
まだ色付いていないミニトマトの実が沢山ついていますが、なかなか収穫できません。
日照時間が少ないからでしょうか?
色づかないまま寒くなってダメになったらもったいないな~と思うのですが、そればかりはオテントウサン次第。
比較的陽当たりのいい場所でハウスを利用してこのペースなので、近郊の地域で露地栽培をしている方々が「全然だめ」と嘆くのも納得。


スポンサーリンク

なかなか色づかないミニトマト

8月18日
苗の伸び具合のわりになんとなく収穫量がイマイチだった気がするミニトマト。やはり7月~8月の悪天候続きのせいでしょうか。
まだ青い実が残っているのですが上の方についている実がなかなか色づいてくれません。そして摘心してもしても上部のわき芽がどんどん伸びているようで、ハウスの天井に突き刺さらんばかりの勢いで生い茂っています。
それでも数日に7~8個くらいのペースで収穫しています。
家庭菜園1年目は色々な種類のミニトマトを植えてみましたが、来年以降優先的に植えたいと思う苗も絞れてきたので何事も経験ですね。

個人的にはアイコの赤と黄、トマトベリー、カプリエメラルド(に限らず緑の種類)は来年も植えたいなと思います。私の育て方が悪かったのだと思いますが、プチボンカナリヤ(オレンジ)とプチボンバイオレッド(紫)は甘かったけど大きく育たなかった。
あれ??プチボンって小さいタマの事なのかな???と今更疑問に思うあたり…。

関連記事

ホッキのさばき方

野菜別メモ:ミニトマトの育て方

北海道に春の訪れを告げる行者ニンニク

作り方が簡単で美味しかったので今年も梅シロップを作る

たけのこ採りに行ってきた

インゲンの成長記録~北海道で家庭菜園2019