リーキの成長記録~北海道で家庭菜園2018

2坪用の家庭菜園用ビニールハウスで野菜を育てた記録。
野菜の種類別の記録のメモです。
随時追記していきます。
(2018.08.22更新)

リーキを育てた作業&成長記録

5月24日
『水でふくらむタネまき土ポット』にタネを植えました。

[植えた種類]
・リーキポワロ
[用意したもの]
・水でふくらむタネまき土ポット
・100円ショップのかご

リーキは写真の右側2列。
1ポットに2粒ずつ植えました。芽が出て少し伸びたら1本に間引きます。
私の事なので、間引いたのがもったいないとかなんとか言って植えたりしそうですが…。
まずはハウス内でしばし発芽待ち。


スポンサーリンク

なんだかダメそう…

6月4日
水でふくらむタネまき土ポットを使ってハウスの中で発芽を待っていたのですが、コケみたいなの付いちゃって、一向に目が出る気配もありません。
まだ待てばもしかしたら出てくるか?と薄い期待をしているのですが、直播きで蒔きなおして苗を作ろうかな?と考えています。
水でふくらむタネまき土ポットを使いこなせていないのか、私と相性が良くないのか…。

直播きしてみた

6月17日
今まで全くうまく行っていないリーキ作り。
うまく行かないと嘆くほど何かしたわけでもなく、がっかりするほどまで育ったわけでもなく、発芽すらしてないという悲惨ぶり。
水でふくらむ種まき土ポットは私がうまく使いこなせない(管理できない)ようなので、次は直播きしてみました。
ミニトマト軍団のとなり。みぶ菜を抜いた後の場所です。とりあえず発芽してほしい…。

や~っと芽が出ました!

7月2日
水でふくらむタネまき土ポットでの栽培に負け、リーキのタネを直播きしてから約2週間。
や~っとリーキの芽が出ました。
細くてぽやぽやの弱弱しいリーキの芽。
これが本当に太いリーキになるのか??と心配になりますが、枯らさない様に見守っていこうと思います。
鍋にリーキ入れて食べたい!

伸びは感じられないけど

7月9日
撮影する微妙な角度の影響は否めませんが、縦の成長はあまり感じられません。
でも本数は増えたような気がする!?
本数が増えたのか、葉先が枝分かれしたのかは分かりませんんが、少しでも変化があると嬉しく思います。
今のところ収穫期のリーキとは比べようもないくらいポヨポヨの小さな状態なのでまずは少しずつの成長ですが気長に待ちます。

画像記録をくらべると若干伸びたかもしれない

7月15日
ぱやっぱやのぽやっぽやで、育っているのか疑わしリーキ。
ため息が出るほど代わり映えしないと思っていたのですが、こうやって画像で比べると多少は伸びている様子。
まだ間引くまでもないし、植え替えする大きさでもないので、ひたすら放置しています。
もうちょっと育ってくれたら世話のしようがあるんだけどな~。

頼りない細さだけどゆっくりゆっくり成長はしていました

8月5日
あまりに変わり映えしないのでしばらく日数を置いて比較。
うんうん。一応成長してはいるのですね。
…なのだけど、これいつになったら収穫できるようになるんだろう??
もしかして本州以南で冬越しながら育てるやつ?とかそんな疑問が浮上。
どうなんでしょう。

タネをお裾分けさせていただいた(というより多いからもらってもらった)家庭菜園の先輩宅では、ニラみたいになってるらしいのでもう少し成長しているのでしょう。
8月になり一気に朝晩の風が涼しくなったので、雪降る前に形になるのか一気に不安に。


スポンサーリンク

小ネギより細いリーキ

8月18日
写真の加減で消えてしまいそうな細さに写っていますが、また少し伸びた?(と思いたい)リーキ。太さが全然出ません。小ネギよりずっと細い。
30cm位まで育ったら土に埋めるのですが、もうそろそろ試してみようかな?まだ20cmちょっとですが、あまりのんびりしていたら冬になってしまうので。次の休みにでも無理やり土寄せの準備に取り掛かろうと思います。

関連記事

きゅうりの粕漬けの準備をする

黒松内へたけのこ採りに行った

みぶ菜の成長記録~北海道で家庭菜園2018

道の駅の直売所をはしごする

輪作年限一覧

日本海へ春のホッケ釣りへ