いくらの醤油漬けを作る

メスの鮭が釣れたのでイクラの醤油漬けを作った

主人がメスの鮭を釣ってきたので、卵を取り出してイクラの醤油漬けを作りました。
作ってみれば思いのほか簡単なイクラの醤油漬け。
今回実は鮭フレークにして2度美味しくいただきました。

> 釣った鮭でフレークを手作りした

すぐに作らない場合、我が家ではなるべく空気に触れない様にジップロックの空気を抜いて、膜ごと味付けせずに冷凍保存します。解凍する際には冷蔵庫に移して時間をかけて自然解凍し味付けすると、冷凍臭さもなく美味しく食べることができます。
今回はせっかくなので釣りたてさばきたての筋子を使ってつけました。新鮮なのでバラすのも比較的ラクにポロポロとれます。


スポンサーリンク

いくらの醤油漬けの作り方

まずはバラバラにする

ボウルに適量の塩とぬるま湯を入れ、お湯につけながら膜から卵をバラします。

最近では100円ショップなどをはじめ色々なお店でバーベキュー用の網みたいなイクラをバラす用の網が売られていて、とても楽にバラせるらしいのですが、加工場でもないし一度につける量が知れているので私は今のところ使っていません。

綺麗になったらざるにあける

スジや膜や破れてしまった卵の皮などを取り除いて綺麗になったらひと洗いしてざるにあけます。
ぬるま湯を使うとこんな感じにオレンジ色です。水を使うと表面の油分が固まるのか白っぽくなる時もありますが問題なしです。
味付けしたら白くなった卵も透き通るのでご心配なく。卵をつぶさないように優しく丁寧に扱いましょう。

味をつけて一晩おく

水をきったイクラをボウルや保存容器に移して味をつけます。我が家ではダシや醤油、酒の他に甘味として少しだけ砂糖やみりんを加えて好みの味に仕上げます。みりんは入れすぎると卵が硬くなるので少量で。卵が浸るくらいの液で漬けます。
冷蔵庫の中で一晩おいたら出来上がり!
寝る前に冷蔵庫に入れたら翌日の朝ごはんが楽しみになります。

白いご飯にピッタリ!自家製イクラの醤油漬け

大根おろしと和えながら食べるのも美味しいですが、やはり白いご飯にピッタリのイクラの醤油漬け。
今回は酢飯を用意して、ホタテの刺身と一緒に贅沢な丼にしていただきました。
ぷちぷちして美味しい~。
北海道に生まれてよかった~。


スポンサーリンク

料理や味付けに自信のない人向け
もっと簡単なイクラの醤油漬けの作り方

味付けに自身のない人であれば、しょっぱくない程度に薄めためんつゆに漬けて一晩おくだけでも充分美味しいイクラの醤油漬けができます。
バラすのがうまくいかないのであれば、スーパーの鮮魚売り場でスタッフの方に卵をバラすのをお願いして持ち帰り、細かいスジなどを取ってめんつゆに漬ければ失敗することなく美味しいイクラを食べることができますので是非お試しください!

関連記事

ビニールハウスの効果は?全体の成長具合を確認する

レバニラならぬレバ行者ニンニク

北海道に春の訪れを告げる行者ニンニク

スナップエンドウの成長記録~北海道で家庭菜園2019

こがね丸を頂いたのでポテトフライを作ってみた

北海道での家庭菜園2019年もスタートの時期がきました

北海道での家庭菜園2019年もスタートの時期がきました