釣った鮭でフレークを手作りした

お弁当やご飯のお供に絶品!鮭フレークを作った

場所によってはまだまだブナの少ない秋鮭


スポンサーリンク

10月に入りましたが、最近我が家にやってくる鮭はまだそれほど黒くなっていないものが多いです。取れる場所や時期によって大きく変わると思うのですが、もしかしてたまたま当たりなのかな??

イクラを取った後の鮭の身が、まだまだ赤くキレイだったので鮭フレークを作りました。鮭トバと迷いましたが今回はフレークに。
だんだん白っぽくなっていく鮭の身。鮭が白身魚なのは主人から聞いて最近知りました。
食べ物の影響受けすぎでしょ!!!冬に箱買いしたみかん食べ過ぎて手足が黄色くなるよりもスケールのデカいお話ですね。
> いくらの醤油漬けを作る

簡単にできる!鮭フレークの作り方

鮭を焼いてほぐす

鮭を焼いて骨と皮を取り除き、ある程度の大きさに身をほぐします。
混ぜていくうちにどんどん細かくなるので多少大きめのほぐし身でOKです。
鮭は後々味付けをするため、焼く前に塩をふってもふらなくてもどちらでもいいです。我が家では特に深く考えていませんが、とくに塩をふらずに焼いて使っています。

味付けして炒める

ごま油を入れて熱したフライパンに鮭のほぐし身を入れて炒めます。香ばしい感じに仕上げたいので、我が家ではごま油を使いますが、サラダ油でもOKです。
好みですが今回は昆布だし・醤油・みりん・砂糖・塩を組み合わせて味付けし、臭みを取るために鮭を他の調味料より多めに入れて炒めています。あとはごまをたっぷり。

水分が飛んでパラパラになるまで炒める

しばらく混ぜながら炒めると鮭がだんだん細かくなってきます。上下ひっくり返すようにしながら水分が飛んでパラパラになるまで炒めたら出来上がり!

このフライパンは直径28センチの深型ですが、それ程大きくない鮭1匹丸まんまほぐし身にしてフレークを作ってこれくらいの量でした。
3つに分けて2つは真空にして冷凍庫へ。


スポンサーリンク

使い道たくさん!美味しくて便利な鮭フレーク

お弁当のごはんにかけて◎
お茶漬けの具にして◎
おにぎりの中身に◎
鮭チャーハンの具にしてもちろん◎
ご飯との組み合わせだけでこんなに沢山の使い道がある鮭フレークは美味しくて色合いも良いので本当に重宝します。

実家の両親も毎日お弁当なので、お裾分けしたら非常に喜んでいました。主人も私もお弁当持参で仕事に行くので、鮭フレークを作ってもどんどんなくなってしまいます。
今年はもう少し沢山作っておこう。

関連記事

黄化病が疑われるキュウリ

ピーマンの成長記録~北海道で家庭菜園2019

おっかない風貌で美味しいカジカ

輪作年限一覧

ナスの成長記録~北海道で家庭菜園2018

ピーマンの成長記録~北海道で家庭菜園2018