落葉きのこの時期が到来した

北海道の秋グルメといえば落葉きのこ

限られた時期にしか採れない落葉きのこ。
別名:ハナイグチ という名前の赤茶っぽい褐色をした、とても風味の良いきのこです。THE・北の逸品。


スポンサーリンク

北海道で落葉きのこがとれる時期はいつ!?

落葉きのこがとれるのは9月下旬から10月の中旬にかけてのごく短い期間です。
今が旬の真っ盛りな落葉きのこ。休みの都合がつかなくて…なんて言っている間にあっという間に時期が終わってしまいます。キノコが虫食いだらけでダメになってしまうからというのはもちろんですが、きっとそれ以前に採られてなくなってしまうでしょう。

みんなそれぞれ秘密の場所がある

山菜もきのこも共通して言えるのが、みなさんそれぞれ”秘密の場所”があるということです。「場所を教えると先回りして採られてしまうから」というごもっともな理由です。採れる期間が短いし1年に1回しか取れなかったりするし、たしかに周りに教えてしまうと競争率は高くなりますね。
なので私は何がどんな場所に生えているのか?を考えて、めぼしい場所があったらちらっと入ってみて場所を開拓することが多いです。

落葉きのこに関しては祖父が生きていたころに採りに連れて行ってもらったことがあるのですが、”足腰弱ってきて心配だから”一緒にキノコ採りに行ったわけで、行けば楽しいけれどキノコ目的というより祖父とのコミュニケーション&護衛的な目的の方が強かったので、場所を覚えるとかそんなはずもなく…。今となってはもうちょっと真面目に山菜採りしておけば良かったなと思います。

落葉きのこの探し方は??

落葉きのこ(ハナイグチ)は落葉松(カラマツ)の周辺に群生します。まずはカラマツを見つけてその周囲を探してみるといいと思います。
この辺だと黒松内や大滝、豊浦方面に探しに行く方が多いようです。共通するのはやはり山深い場所が多いこと。個人的にはそれほど奥に行かなくてもと思うのですが、沢山収穫したい方はやはり山奥に入っていくみたいです。

落葉きのこの美味しい食べ方

味噌汁や醤油漬けに

落葉きのこの代表的な食べ方は味噌汁や醤油漬けです。新鮮なうちにしっかりと下処理をしていただきます。
今回主人のお義母さんから採りたての落葉きのこを分けていただいたので、大根おろしと和えて&ネギと一緒にみそ汁の具にして美味しくいただきました。醤油漬けは作って保存できるほどの量ではなかったのでまたの機会に。


スポンサーリンク

必ず下処理(虫出し)をする

美味しい落葉きのこですが、自然の恵みに虫がつきものなのは仕方がない。虫がつくということは安全な証拠でもあります。
虫はどちらかと苦手なので触りたいものではありませんが、キノコに紛れてるのをかじってしまうのは避けたいのでしっかり虫出し!
虫出ししてからどうしても神経質なほどチェックしてしまいます…。

虫出しの方法はいたって簡単です。
濃い目の塩水に漬けておくだけ。我が家では30分くらいつけておきます。
虫が潜んでいたら勝手に出てきてくれます。
その後水で洗い流して虫出し完了です。

茹でて水に浸す

虫出ししたらさっと茹でて水にさらします。
湯通しすると落葉きのこ独特のぬめりがでます。水に浸したら好みの大きさに切っていただきます。
今回は大根おろし和えとお味噌汁の具に使うので、どちらにも都合がいいようにこれくらいにカット。ざるにあけてよく水をきってから使います。

保存は瓶詰か冷凍で

たけのこなどの瓶詰めと同じように、瓶ごと煮沸して真空状態で保存する方法の他に冷凍保存も可能です。上手に保存すれば冬から春にかけても落葉きのこを楽しむことができます。
今シーズンはあまり手に入らなかったので保存するまでもありませんでしたが、来シーズンは採りに行けたらな…と思います。
これでまた秋が忙しくなりそうです。

関連記事

行者ニンニクのしょうゆ漬けを作る

満開の紫陽花と薔薇が綺麗でした。

野菜の種をネット注文した

今シーズン2回目 苫小牧・勇払方面にホッキ狩りに行った

ソラマメの成長記録~北海道で家庭菜園2018

小ネギの成長記録~北海道で家庭菜園2018