おっかない風貌で美味しいカジカ

寒い時期が近付くとよく見かけるカジカ

カジカが釣れた

秋が深まり冬が近づくとスーパーに並ぶカジカ。寒くない時期でも釣れますがこの時期はタマゴも入っていて、鍋用の身と醤油漬け用の卵が別々に売られていることが多いです。
主人がカジカを沢山釣ってきました。大きなお腹のナイスマダム。鮭も同様、子持ちのお魚マダムを釣るとちょっと心が痛みますが、せっかく釣ったのでできるだけ無駄にしないように美味しくいただこうと思います。


スポンサーリンク

主人にくっついてちょっとずつ魚釣りをするようになって、生きている魚を見たり触ったりすることが増えて、生き物を獲って頂くというありがたみというか、無駄にしちゃいけないなとか、そういうことを考える機会が増えました。
ジビエとか食目的で動物の狩猟をする人はもっと考えるのでしょうか?

カジカ=別名ナベコワシ

見た目はアレです。鬼瓦的ななんとも怪獣みたいな風貌のカジカですが、プリッと綺麗な身の白身魚でとても美味しいです。鍋にするとあまりの美味しさに鍋をつつきすぎて壊れてしまう!という意味を込めて、”ナベコワシ”とも呼ばれています。
スーパーで値札に”ナベコワシ”って書いて売られているのは見たことがないけれど、去年だったかボートでカレイ釣りに行ったときに大きなカジカが釣れて、ボート貸し屋さんのオジサンが「お~?でっかいナベコワシでねーか。それうめ~ぞ~(^^)」って言ってた気がするから、少し年配の人ならナベコワシって呼ぶひともいるんだと思う。

カジカの美味しい食べ方

まずはカジカをさばく

まずはなんともイカツイこの魚をさばかなくてはなりません。もう動いてないけれど怖気づいてしまうので、必殺!主人にお願い!!
いや~頼もしい。じつに男前。

こんなにゴツゴツと女性を感じさせないカジカですが、お腹は予想に反してスベスベしています。マットな触感でずっと撫でていたい感じ。

 
全体の3分の1くらいは頭なので、大きなカジカでも身の量は見た目ほど多くはありません。頭をとって卵を取り出して皮を剥ぐと、普通のお魚感が一気に増します。
肝も卵もまずまず立派。
「こいつらイイモノ食ってるからね~」と主人。魚とか蟹とか食べてるんだそう。THE・肉食のカジカ。そりゃぁ肝も立派になりますね。

身と肝は味噌汁でいただく

無性にカジカのお味噌汁が食べたくなったので、カジカをさばく主人の横で昆布だしをとり、冷蔵庫にたまたまあったニンジン・ダイコン・ネギをきざみます。
正直、世間が言うほどカジカの味噌汁が特段美味しいと思っていたわけでもなかったのですが(普通に美味しいけれど)、カジカの出汁がきいていてすごい美味しかったです。大人になったのだろうか。


スポンサーリンク

タマゴは醤油漬けに

超絶新鮮だからなのか、市販されているカジカの卵では考えられない程のヌメリ。ザルにあけてもなかなか水が切れないほどのぬるんぬるん。塩を混ぜたぬるま湯で洗うと一気にぬめりがなくなりました。イクラ同様、ぬるま湯につけながらバラすのですが、イクラのように1粒1粒バラバラにはなりません。
(⇒ いくらの醤油漬けを作る

 
ある程度バラバラになったら洗ってザルにあけ、水が切れたら味付けします。今回も適当ですが、酒・みりん・醤油・砂糖・昆布だしで味付けました。
保存容器に入れて一晩おいたら完成。

カジカの卵特有のプチプチした食感が美味しいです。イクラよりもあっさり。

王道の鍋はもちろん唐揚げも絶品

ナベコワシの名のとおりカジカ鍋はもちろん、身がプリッとしっかりしているので唐揚げにしても絶品です。3枚におろしたカジカの水分をキッチンペーパーでとって唐揚げ粉をまぶして揚げるだけで、ホクホクとした白身魚の唐揚げが完成します。
今回は量がそれほど多くなかったのでお味噌汁優先にしました。
これからの時期はしばらくスーパーでもカジカが出回りますので、ぜひ試してください!


スポンサーリンク

関連記事

日本海へ春のホッケ釣りへ

採ったたけのこを天ぷらにする

亀の甲羅みたいなシイタケ

スナップエンドウの成長記録~北海道で家庭菜園2019

苫小牧方面でニシンが沢山連れた

北海道でも油断禁物!熱中症と熱射病と日射病の違い