”たち”の美味しい季節

冬は”たち”が美味しい北海道

きっと馴染みのない地方の人から見たら、「ナニコレ…」とか「きも…」とか、そんな感じになるのでしょうけれども、寒くなってきた頃にスーパーや魚屋さんで見かける”たち”。
美味しいですよね~!私ちょっとずつしか食べられないけれど、美味しさはわかります。
主人が好きなので、鮮度の良い美味しそうなのを見かけては最近ちょこちょこ購入します。

やっぱり助宗だらの”たち”よりも真だらの”真だち”のほうが、ぶりぶりと大きくて美味しい。なので真だちばっかり買ってます。助宗の方がたくさん売っているけれど。


スポンサーリンク

”たち”って何モノ??

ご存知の方も多いですが念のため。
”たち”=タラの白子 です。

一般的にスーパーに出回っているのが、ちょっと小ぶりなスケソウダラの白子と大きな真ダラの白子(精巣)。これほど白子が重宝されている魚ってすごい珍しいと思う。
鮭なんて見てごらんなさい!!!イクラは高値で取引されているのに白子は超絶安く売られていたり食べなかったり。ここ数年不漁続きだったこともあって、イクラが1ハラ大きさによるけど2000円前後?(今シーズンは800~900円/gで売ってました)なのに、鮭の白子は鮮魚コーナーの白いトレーにみちみちはいって300円くらい。
ニシンだって卵はカズノコになるけど白子はあまり見かけないし、
カラスミだってボラの卵巣だったはず。
凄い価値があるんだなと改めて思うタラの白子。

タラの場合は卵巣もしっかり消費されていて、北海道ではつきこんにゃくと一緒に”子和え”を作っていただくし、とくにスケソウダラの卵なんて漬け込んで”たらこ”になるわけだし。

”たちぽん”やら”たちてん”で美味しくいただく

鍋や味噌汁に入れてもいいけれど、やっぱり美味しいおすすめの食べ方は”たちぽん”か”たちてん”!

”たちぽん”(タラの白子ポン酢)の作り方

・まず”たち”を洗って食べやすいサイズに切る
・沸騰したお湯で色が変わるくらいまでさっとゆでる
・氷水にとってしめる
・粗熱が取れたらざるにあけてしっかり水をきる
・ポン酢をかけて、お好みでネギや大葉、生姜や大根おろしなどの薬味を添えていただく

”たちてん”(たちの天ぷら)の作り方

・”たち”を洗って食べやすいサイズに切る
・ざるにあけ、ペーパータオルなどでしっかり水気を拭き取る
・天ぷら粉を薄くまぶす
・分量のみずより少し薄めに溶いた天ぷらの衣にくぐらせ180℃の油で表面がさくっとなるように揚げる
・油を切って天つゆかお塩でいただくのがおすすめ

まだもうしばらく続く”たち”の季節

雪降る寒い時期はタラが美味しい季節。
タラの身と一緒に”たち”もまだしばらくスーパーに並びます。お酒のお供にピッタリな”たち”を楽しんでみてはいかがでしょうか!


スポンサーリンク

関連記事

黒松内へたけのこ採りに行った

有珠山パーキングエリア

札幌のおかめやさんが新店舗を出していた

いくらの醤油漬けを作る

今シーズンラスト 黒松内へ

ホッキのさばき方