たけのこがとれる時期になってまいりました

北海道や東北でとれる細いたけのこ。根曲がり竹とか姫竹とかいわれる種類のこのたけのこは、柔らかくてアクが少なくて美味しいのが特徴。道南地方では5月後半頃からとれはじめ、6月の中旬で終わりを迎えます。

道南地方でたけのこが採れ始めました

先日「もうそろそろかな~??」と山を覗きに行ったら、もう少しずつ出始めていました。どこにあるかわかりますか?よーく目を凝らして見ると…一番右の根曲がり竹の根元。

斜めに落ちている太い枝の下に発見。ちょっとだけ頭を出していました。

枯葉をかき分けて、根元からしっかりつかんでぽきっと。

まずまずのサイズでしたね。太さ2cmくらいかな?と思います。

なるべく太くて伸び切っていないたけのこを選んで採ってきます。

長万部・白老・登別などでたけのこが採れ始めているとの情報

ゴールデンウィークでも日当たりのいい場所では少しだけ収穫することができました。長万部や白老、登別方面で少しずつ採れているようです。豊浦はどうだろう??黒松内はまだでしょうかね。あまり急いで見に行っても雪があったりするからもうちょっと待とう。

道南方面でたけのこを楽しめるのは6月中旬まで

これからあちこちで採れ始めるたけのこ。道南地方では6月中旬ころまで美味しいたけのこを楽しめそうです。というのも、たけのこが無くなってしまうのではなく、虫食いがだんだん多くなってくるので、食べられるものが減ってしまうのです。

1年で今しか楽しむことのできないたけのこ。採りに行く際には虫対策やクマ対策をしっかり行い、遭難しないように注意して入山しましょうね。

関連記事

犬連れ車中泊で函館方面にお出かけ

たけのこカッターなるものを買ってみた

テントウムシ殿をハウスにエスコートした

どちらが甘い!?サニーショコラと恵味を食べ比べてみた

野菜の苗を買った

芽キャベツの成長記録~北海道で家庭菜園2018